オルリファストの使い方とゼニカルとの違い

オルリファストの使い方とゼニカルとの違い

阻害薬の効果

オルリファストをご存知でしょうか?
スイスの製薬会社ロシュ製薬会社より販売されているダイエット治療薬ゼニカルのジェネリック医薬品になります。
先発薬に対し特許が切れたものは同じ有効成分で後発薬を他の製薬会社が開発し販売することが可能です。
その製品をジェネリック医薬品と呼びます。
ゼニカルの有効成分はオーリスタットと呼ばれる成分でオルリファストも同じ有効成分が含まれています。
脂肪吸収阻害薬とも呼ばれており、服用することで食事で摂取した脂分の30%を輩出してくれる効果があります。
消化酵素のリパーゼというものに作用するので、リパーゼ阻害薬とも言います。
リパーゼを阻害することにより、脂分を消化せずそのまま排出してくれます。
服用方法ですが、多いときで1日三回、食事の後に服用します。
そして服用後、しばらくすると便が排出されます。
この排出される便ですが、脂分も一緒に出るので初めて経験した方はほとんどの方がびっくりするとされています。
本当にそのまま油が出るという事です。
逆に、普段はこれだけの油を摂取してのかと、感じる良いチャンスです。
しかし、油は便だけでは無く時にはおならをしたときにも排出されることがあります。
油ですのでもちろん下着などについた汚れはとれませんし、にじんでしまいます。
家にいるときならばいいのですが、外出時には困難です。
そこで女性の多くは生理用ナプキンを使用しています。
男性は少し難しいので、あまり外出しない時などに使用しましょう。
海外では肥満の方が多く、ゼニカルなど使用している方は男女問わずたくさんいらっしゃいます。
日本ではあまり知られていませんが、ダイエットでの薬としては大変有名です。
オルリファストはジェネリック医薬品ですので、ゼニカルよりも安く入手することができます。
海外薬品はインターネットなどで個人で使用するときのみ輸入ができます。
個人輸入代行サイトなどを使用することで簡単にインターネットなどで購入できます。
色々ダイエット試してみたけど無理だったという方には、かなりお勧めできます。
しかし、やはり薬ですので、副作用などもあります。
必ず使用方法を守り、副作用が心配な時は医師に相談するようお願いします。
無理な使用方法は体への負担となりますので、注意してください。